読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ書くのか

ものを書くというのは、苦しい行為だと思う。
ものを書くというのは、自分の主義主張や価値観をかたちに残すということだ。すると必ず他人の主義主張や価値観とのズレが生まれる。他人と自分との相違がぶつかる、精神的な殴り合い行為が生まれる。
スポーツのほうがよっぽど気持ちがよいと思う。決まったルールのもとで、点数による明確な勝ち負けが証明される。肉体を駆使して力を発揮し、互いの誇りを尊重したまま闘う。
対して書かれたものの世界というのは、(書き手としてそれなりの作法というものはあれど、誰もがそれを共有しているわけではない)ルール無用、互いのものの見方や言葉ひとつの使い方という根本からズレていることなどざらにある。そして、自分の書いたものを否定される、批判されるというのは、自分自身を、自分の存在意義や大切なものや人生を否定されるかのような、辛い思いを味わう。

ものを書く行為は、そういう苦しみの可能性を孕んでいる。
と、いうことを、昨年から感じている。

それなのになぜ、私はいま、書きたいと思っているのか。

私が経験できることは限られている。1990年に、日本の、福岡県で生まれた、特筆すべき才能は特にないと思われる一個人である。
だけど人は、自分自身が直接経験できないものごとについてでも、知ることはできる。想像することはできる。
どれだけ私が弱い個人であったとしても、ものを知ること、他を知ること、世界を知ることはできる。

それは、いままで私が読んできたものたちが教えてくれた。蒙を啓かれた瞬間にはじける甘美の感覚。たとえば、今まで隠れていたものの手触りが確かになったときの静穏。「ああそういうかたちをしていたんだね」と言ってやりたい。あるいは、あまりの発見にじっとしていられないような興奮。みんなにひらめきを叫んでまわりたい。

知るということは、快感だ。
そして糧であり武器にもなりえる。

言葉は私たちの大事な意思疎通の手段だ。知を互いに分け与える。苦しみはあるかもしれないが、そうでない可能性もある。自分が傷つき他人を傷つける恐れはあるかもしれない、だがもしかしたら私の言葉が誰かに届いた時には、震えるような快感もあるかもしれない。欲望。
大仰な感じだが、そういうことじゃあないだろうか。


……ここまで覚書の意味も込めて書いたものの、書くことも知ることも、特別じゃない、あくまでありふれた行為だ。甘美な発見は稀であって、日常は慣れの行為であって、想像することは、いつかくる未来のための用心でもある、なんかそういうことも含めてまだ改めて、なぜ書くのか、考えてみる余地はあると思う。

 

買った本(2016年7月)

購入記録

僕のヒーローアカデミア 9 (ジャンプコミックスDIGITAL)

クイック・ジャパン 126

文学ムック たべるのがおそい vol.1

死んでしまう系のぼくらに

渦森今日子は宇宙に期待しない。 (新潮文庫nex)

空が分裂する (新潮文庫nex)

夜とコンクリート

惑星9の休日

イキガミ様

本屋がなくなったら、困るじゃないか: 11時間ぐびぐび会議 (棚ブックス)

モブサイコ100 コミック 1-10巻セット (裏少年サンデーコミックス)

買った本(2016年6月)

購入記録

HUNTER×HUNTER 33 (ジャンプコミックス)

暗殺教室 20 (ジャンプコミックス)

僕のヒーローアカデミア 7 (ジャンプコミックス)

僕のヒーローアカデミア 8 (ジャンプコミックス)

左門くんはサモナー 2 (ジャンプコミックス)

きらめきのがおか(1) (ヤンマガKCスペシャル)

僕たちがやりました(5) (ヤングマガジンコミックス)

電子メディア論―身体のメディア的変容 (メディア叢書)

薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木 (集英社文庫)

買った本(2016年5月)

購入記録

片隅02

クイック・ジャパン 125

暇と退屈の倫理学 増補新版 (homo Viator)

社会学入門―人間と社会の未来 (岩波新書)

買った本(2016年4月)

購入記録

俺たちのBL論

ショッピングモールから考える ユートピア・バックヤード・未来都市 (幻冬舎新書)

ゲンロン2 慰霊の空間

僕たちがやりました(4) (ヤングマガジンコミックス)

おそ松さんの面白い考察などまとめ

随時更新

2015年10月より放送されていたアニメ『おそ松さん』、私も11月からオンタイムで追っていました。今はようやく放送も終わり、じっくりと消化していく期間に入ったかと思いますので、気になった感想・考察記事をまとめます。(随時更新)

★キャラクター論
TV論と被せて、藤津亮太のアニメの門V 第9回「おそ松さん」そのおもしろさはどこから生まれたのか | アニメ!アニメ!

これもTVバラエティとの関係に言及、宇野常寛さんと石岡良治さんによる、月刊カルチャー時評『おそ松さん』 「もはや社会現象化した“覇権アニメ”が内包するテレビ文化の隔世遺伝」(雑誌「サイゾー」2016年4月号掲載)

アイドル論と被せて、西森路代さん 「「おそ松さん」における“素”、そして“背負う” ~ファンは何にハッとさせられるのか 」(テレビブロス平成28年2月27日号掲載)
社会学と被せて、永田夏来さん 「「おそ松さん」の同時代性 ~「いち抜け」をめぐるゲームとしての「おそ松さん」」テレビブロス平成28年2月27日号掲載)

同じく永田さんの記事

『おそ松さん』は未来の私たちを描いている 「いち抜け」させない/できない6つ子たち - messy|メッシー

「おそ松さん」の爆発的ヒット、3つの理由<あのニュースのホントのところ>永田夏来 - 幻冬舎plus

 

『おそ松さん』の推し松が、深層心理をえぐる。|ばーむろーる|note

 

バックヤード

「電源抜いちまうかもう」

サナにわ

買った本(2016年3月)

購入記録

波よ聞いてくれ(2) (アフタヌーンコミックス)

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 4 (ビッグコミックススペシャル)

幸福はどこにある

[まとめ買い] 弟の夫(アクションコミックス)

レッド 最後の60日 そしてあさま山荘へ(3) (イブニングコミックス)

A子さんの恋人 2巻 (ビームコミックス)

トクサツガガガ 5 (ビッグコミックス)

2016年度版 ニュース検定公式テキスト&問題集『時事力』基礎編 (3・4級対応)