先週末土日は泣かなかったなー。 山を越えたのか、何なのか。 『人はなぜ物語を求めるのか』で できごとに因果関係を求めがちな人間の心理 でも因果関係が妥当かどうかは別、ということを学んだ私。 「人生は無」の境地に少しだけ近づきつつある。 最近(特に…

私が決められる唯一のこと

『人はなぜ物語を求めるのか』で、「世界でひとつだけ選択可能なものは、できごとに対する自分の態度である」という話がある。 「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる」なんてよく聞くけれど、自分の行動だって思うがままにできるわけじゃな…

最近の記事の黒歴史感がすごい

ガラケーでちまちま打ってた携帯日記みたいな風情になってるぞ…

幾度目かの人生

夏季休業最終日の夜、明日からの仕事におびえながら書いています。お盆の間はほぼ人に会わず過ごしましたが、相変わらず考えがまとまらない日々です。自分の言葉を残しておくためこの記事を書くこととと、電気を消してとりあえず横になること、どちらが良い…

今日は8時頃に起きられて、休日だけど職場にも行けて、調子いいなあと思っていたんだけど、(少し負荷のかかることがあって、)また昼間から泣けてしまった。 昨日は約束があったので11時頃にむりやり起きたのだけど、出発するまでに無性に泣けてきてしまっ…

喪失したもの

今日も朝からよく泣いた。 相談相手とか、慕っている人をなくしたと思っていたけど、 なくしたのは目標だな。

喪失のあと旅をして探し物を見つけないで帰ってくること

『ハチミツとクローバー』竹本くんの「自分探しの旅」と、『ヒカルの碁』ヒカルの「佐為探しの旅」は比較して語れるかもしれない。 旅をしたから、竹本くんは穏やかな顔で告白ができた。ヒカルは自分の碁のなかに佐為を見つけた。

フェアネスと真剣勝負の世界

『ヒカルの碁』ヒカル-伊角戦と『或るアホウの一生』の高以良-牧野戦について。 囲碁と将棋の世界は、プロになるために厳しい戦いを勝ち抜かなければいけないこと、そして年齢制限があることが共通している。 プロを目指す彼らは若くして人生を賭けた勝負を…

あ。ああー。 残念だけどここまでだな。 まあ、まだ先は長いから。 何者かになろうとしないで、ただ生きよう。 他人の人生に興味がないのに自分の人生にだけ期待してもね。

こんばんは。また日曜の夜ですね。 メンタルの荒れは1日で概ね持ち直しました。 いろいろとやりたいのも確かなんだけれども、 適度に、なんにもしたくないという気持ちも放出していないとなあと。 自分がきつくなるからね。

昼間からぼろぼろ泣いてしまって、多分あれはホルモンバランスの乱れです。 でも敢えて言うと頑張る指標がないのに頑張ろうとしていて疲れてたんだろうね。 なんで一人なのに頑張るんだろ????? 二日ぶりに布団にくるまれて最高です。 でも嫌だ。はやく…

はまったものメモ

Twitterのプロフィール欄にはまったものの羅列をしていたのだけど、文字数も足りなくなってきたのでこちらにメモ。はまったかどうかの基準は「これは、自分こそが語ることの出来るものだ、と思わせられたかどうか」。2015年頃から触発されやすくなったと思う…

気が狂いそうでも普通さ

どうも最近調子が、良くない。いままで自分が前提としていたことを捨てて、考えなければならないようだと感じている。理由はいろいろあるが、ここでは3点記しておく。ひとつには、私にとって重要な相談相手の人々に、これからは今までのように接することがで…

成長

成長するって何なんでしょうか。 出来ることが多くなることでしょうか。 でも、「成長」して、出来ることが多くなって、周りから認められて、偉くなって、影響力が大きくなるとする。そしたら、人を傷つけることも出来る。正しいかどうか分からないことを、こ…

矢倉囲い

今年のゴールデンウィーク、最終日です。 本を読んだり映像みたりご飯食べたりしながら将来のことも考えていました。 A or Bだとして、その間をいったりきたりしながら、何かを決めていくんだろうと思います。 将棋のルールを覚えました。将棋で勝つのは基本…

水俣病記念講演会

4月29日に光円寺本堂で行われた「第16回水俣病記念講演会」に行ってきた。 なぜわざわざ足を運んだのかというのは色々偶然もあるのだけれど、まず数年前に博多駅で水俣病の展示をみたということがある。もともと水俣病に対するイメージは、教科書的な、公害…

トウテムポール『東京心中』シリーズ ※はるのしんぞうネタバレあり

東京心中 コミック 1-6巻セット (EDGE COMIX) 作者: トウテムポール 出版社/メーカー: 茜新社 発売日: 2015/10/07 メディア: コミック この商品を含むブログを見る 「明け方の告白」はどんな奇跡を起こしたか はるのしんぞう-東京心中・6- (EDGE COMIX)収録…

買った本(2017年3月)

レッド 最後の60日 そしてあさま山荘へ(4) (イブニングコミックス) 波よ聞いてくれ(3) (アフタヌーンKC) マスタード・チョコレート 僕たちがやりました(8) (ヤングマガジンコミックス) 知らない顔 (バーズコミックス ルチルコレクション) 心を殺す方…

筒井康隆『残像に口紅を』

あ、現実無理、という出来事があったので、ブログを書くことにします。ストレス発散です。 筒井康隆『残像に口紅を』読みました。 使える五十音がひとつずつ減っていく実験小説。 実験小説ってなんだかなあ、言語的な遊びだけでしょ?って思ってました。 冒…

買った本(2017年2月)

概念と歴史がわかる 西洋哲学小事典 (ちくま学芸文庫) デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 5 (ビッグコミックススペシャル) グッドモーニング (新潮文庫nex)

買った本(2017年1月)

谷川 雁: 永久工作者の言霊 (平凡社新書) サークル村の磁場―上野英信・谷川雁・森崎和江 国生み 人間仮免中つづき (ビッグ コミックス〔スペシャル〕) 推しが武道館いってくれたら死ぬ 1 (リュウコミックス) 推しが武道館いってくれたら死ぬ 2 (リュウコミッ…

買った本(2016年12月)

僕たちがやりました(7) (ヤングマガジンコミックス) 公募ガイド 2016年 12月号 [雑誌] バーナード嬢曰く。: 3 (REXコミックス) A子さんの恋人 3巻 (ビームコミックス)

買った本(2016年11月)

〆切本 羅生門・鼻・芋粥 (角川文庫) 津山三十人殺し―日本犯罪史上空前の惨劇 (新潮文庫) ちぐはぐな身体―ファッションって何? (ちくま文庫) 大人問題 (講談社文庫) MAKERS―21世紀の産業革命が始まる 以上5冊 のきさき古本市にて クイック・ジャパン128 片隅…

買った本(2016年10月)

クイック・ジャパン127 18歳からの民主主義 (岩波新書) 私がモテてどうすんだ(10) (別冊フレンドコミックス)←電子で10巻セット購入今月ぜんっぜん買ってない!!!!!11月は原稿執筆とあわせてがんばりたい。

買った本(2016年9月)

健康で文化的な最低限度の生活 4 (ビッグコミックス) ダンジョン飯 3巻<ダンジョン飯> (ビームコミックス(ハルタ)) ネオ寄生獣 (アフタヌーンコミックス) 僕のヒーローアカデミア 10 (ジャンプコミックス) ドイツ・イデオロギー 新編輯版 (岩波文庫) アフ…

買った本(2016年8月)

モブサイコ100(11) (少年サンデーコミックススペシャル) モブサイコ100(12) (少年サンデーコミックススペシャル) モブサイコ100(13) (少年サンデーコミックススペシャル) ゲンロン3 脱戦後日本美術 発情装置 新版 (岩波現代文庫)

なぜ書くのか

ものを書くというのは、苦しい行為だと思う。ものを書くというのは、自分の主義主張や価値観をかたちに残すということだ。すると必ず他人の主義主張や価値観とのズレが生まれる。他人と自分との相違がぶつかる、精神的な殴り合い行為が生まれる。スポーツの…

買った本(2016年7月)

僕のヒーローアカデミア 9 (ジャンプコミックスDIGITAL) クイック・ジャパン 126 文学ムック たべるのがおそい vol.1 死んでしまう系のぼくらに 渦森今日子は宇宙に期待しない。 (新潮文庫nex) 空が分裂する (新潮文庫nex) 夜とコンクリート 惑星9の休日 イ…

買った本(2016年6月)

HUNTER×HUNTER 33 (ジャンプコミックス) 暗殺教室 20 (ジャンプコミックス) 僕のヒーローアカデミア 7 (ジャンプコミックス) 僕のヒーローアカデミア 8 (ジャンプコミックス) 左門くんはサモナー 2 (ジャンプコミックス) きらめきのがおか(1) (ヤンマガKCス…

買った本(2016年5月)

片隅02 クイック・ジャパン 125 暇と退屈の倫理学 増補新版 (homo Viator) 社会学入門―人間と社会の未来 (岩波新書)

買った本(2016年4月)

俺たちのBL論 ショッピングモールから考える ユートピア・バックヤード・未来都市 (幻冬舎新書) ゲンロン2 慰霊の空間 僕たちがやりました(4) (ヤングマガジンコミックス)

おそ松さんの面白い考察などまとめ

2015年10月より放送されていたアニメ『おそ松さん』、私も11月からオンタイムで追っていました。今はようやく放送も終わり、じっくりと消化していく期間に入ったかと思いますので、気になった感想・考察記事をまとめます。(随時更新)★キャラクター論TV論と…

買った本(2016年3月)

波よ聞いてくれ(2) (アフタヌーンコミックス) デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 4 (ビッグコミックススペシャル) 幸福はどこにある [まとめ買い] 弟の夫(アクションコミックス) レッド 最後の60日 そしてあさま山荘へ(3) (イブニン…

買った本(2016年2月)

健康で文化的な最低限度の生活 3 (ビッグ コミックス) 月刊MdN 2016年 3月号(特集:漫画家が発明した表現30 漫画を漫画たらしめるもの) キャラの思考法: 現代文化論のアップグレード [まとめ買い] セトウツミ [まとめ買い] アフタヌーン四季賞CHRONIC…

おそ松さんについてのノート6(神松と愛されたい松野兄弟とお母さんについて、21話感想)

21話、神松という6つ子のアンチテーゼの登場により、彼らは「クズ」という原点に戻り、より強くなりました。 神松は「6つ子の「人としての良い部分」が少しずつ溜まってできたまるで神のごとく清き松」です。そして彼は、この世界に去来した根拠は6つ子と全…

買った本(2016年1月)

アンダーグラウンド (講談社文庫) Animege(アニメージュ) 2016年 02 月号 [雑誌] おそ松くん (21) (竹書房文庫) おそ松くん (22) (竹書房文庫) 月刊ニュースがわかる 2016年 01 月号 [雑誌] 僕たちがやりました(3) (ヤングマガジンコミックス) テヅカ・イ…

おそ松さんについてのノート5(13話感想と、闇のない松野一松について)

13話の感想を現場で壁打ち。「ちっぽけな人間が生きることにあらかじめ用意された意味なんかない。それにも関わらず、どんな夜にもまた陽は昇る」。本当に本当に良い最終回でした(私は13話を、「もしも松が1クール放送だった場合の最終回」だったのだと勝手…

買った本(2015年12月)

2016年は今より現代思想に強くなりたい 哲学用語図鑑 ゲンロン1 現代日本の批評 吾輩の部屋である 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス) 暗殺教室 17 (ジャンプコミックス) 終盤に向かっている。今巻も素晴らしいラストでした おそ松くん (12) (竹書房文庫) …

私的2015年のマンガふりかえり

2015年に読んだマンガをまとめました。(自分の手元用メモをアップしただけ) オレンジのセルは特にお気に入りの作家/作品です。 今年は40作家読みました。そのうち新規開拓は15作家。 何より冨樫義博作品に夢中になれて幸せでした。 HUNTER X HUNTER32 (ジ…

おそ松さんについてのノート4

『おそ松さん』のテーマであり、私の関心事でもあるのが、「人はいかにして「大人」たりうるのか。そして幸せになれるのか」という問いです。 現代人は「大人」について、ある程度共通の認識を持っています。「人生の過程のどこかで親元を離れ、働いて、その…

私がその本を買った理由(2015年11月)

購入記録。職場の先輩が面白いと言っていたので。読み心地が小説みたいでした(魅力の肝が画や台詞よりもストーリーにあるからか)僕だけがいない街 コミック 1-6巻セット (カドカワコミックス・エース) アニメ化おめでとうございます。大事に育てて後に残る…

おそ松さんについてのノート3(7話までの痛い台詞12選)

声だけで概ね6つ子を聴きわけられるようになってきました。 7話までのおそ松さんの好きな台詞、痛かった台詞について、独断と偏見で紹介します。1,「大人になぁれ♪」(イヤミ/2話A「就職しよう」)6つ子がブラック工場で働いていた時に管理職のイヤミが音頭を…

おそ松さんについてのノート2(6話感想)

むつごが愛しい日々です。6話を見て原作も読もうと決めたので感想メモ。1話冒頭で「僕たち昭和のアニメだよ? 今更人気…出るかなぁ?」とチョロ松が心配していたけれども、流行りのアイドルアニメ等に思いきり振り切ったパロディ、不条理ギャグ、人情話等を…

おそ松さんについてのノート1(5話感想)

アニメ『おそ松さん』5話「エスパーニャンコ」の話。※ネタバレ有 ※カラ松の話はややこしくなるのでここでは一切ないですごめんなさい(ガールズに任せた) この話の中心は「一松」という子で主人公の6つ子のうち四男にあたります。ちょっと紹介しておくと、…

なぜその本を買ったのか(2015年10月)

買った理由とか オタク趣味の醍醐味について明るくわかるトクサツガガガ 4 (ビッグコミックス) 福満しげゆきが好きなので、私が本を買ったお金で家のローンを返してほしい就職難!! ゾンビ取りガール(2) (モーニング KC) 坂口恭平の小説らしいんだけど完全に…

世界をもっと豊かにするために必要な×冊

幸福や共生への道もひとすじなわじゃない多分。裏打ちがある希望を語るために繰り返して読みたい本。 ゲンロン1 現代日本の批評 作者: 東浩紀,鈴木忠志,大澤聡,市川真人,福嶋亮大,佐々木敦,安藤礼二,黒瀬陽平,速水健朗,井出明,亀山郁夫,上田洋子,ボリス・グ…

沈黙と葛藤(ハンターによせて)

「明日から/寝るな と言われても/オレは 眠くなる」「食うな と言われても/腹はへる」(中略)「言える事など/何もないのだ」(冨樫義博『レベルE(上)』(集英社文庫)196・197頁より)「沈黙!!」「それが正しい答えなんだ」(冨樫義博『HUNTER×HUNTER…

HUNTER×HUNTERの面白い考察などまとめ

2015年7月にはじめて『HUNTER×HUNTER』を読み、感銘を受けたので、気になった感想・考察記事をまとめます。順不同。冨樫先生インタビュー山形大学 冨樫論、特にキメラアント~選挙編 ニコ生PLANETS12月号「徹底評論!『HUNTER×HUNTER』」 - 2011/11/16 20:00…

だいたい追っているマンガ一覧

2017年4月30日現在 読みたい時に読むたいものを読む主義のため実際追えてなかったりもするんですが(小声)、書店等でみかけると「あ!買わなきゃ」と思ってるタイトルたちです。 僕のヒーローアカデミア 1 (ジャンプコミックス) 作者: 堀越耕平 出版社/メー…