2018年の6月がもうすぐ終わる。 落ち着いているといえば落ち着いているが、目標に対して足踏みしているような、そもそも目標を目標ですと言い切れるような胆力が私にあるのか、そんな迷い含みの日々だ。 これでも毎週末に人に会っているし、また新しい趣味も…

6月7日放送のカンブリア宮殿で、クリーニング店を営業する「東田ドライ」がとりあげられていた。 無料サービスや宅配対応サービス、技術力や顧客対応など、消費者から選ばれる理由がわかりやすい放送内容だった。 そのなかで私の印象に残ったものは、現社長…

物語の未来に起きる出来事を予知的に示す方法を「フラッシュフォワード」もしくは「先説法」という。 たとえば福島聡『バララッシュ』第一話では、メインキャラクターである宇部と山口がアニメ映画の作画監督と監督となって夢を叶えた未来が描かれる。話数タ…

『メタモルフォーゼの縁側』

『メタモルフォーゼの縁側』のタイトルが素晴らしいよって話をします。メタモルフォーゼとは、変身・変態という意味です。作品中で描かれているのは、ふたりの人間関係(身近な男性や家族、友人との関係)です。雪は3年前に夫を亡くしており、うららは趣味を…

サンボマスター『世界はそれを愛と呼ぶんだぜ』のサビが好きだ。とくに「今までの過去なんてなかったかのように歌い出すんだ」という部分。おそらくこの「過去」は「辛い過去」というニュアンスがあると思うけれど、明示されていないぶんだけ広がりがある。…

久しぶりに「05410-(ん)」を聴きながら思った。私はいま結構ほんとうに、根本から変わりたいと思っているんだなあと思う。 ひとつ、ラリーがしたい。私が、良くも悪くも一方的に満足しがちな人間だから。ひとつ、自分や他人を「成長」というストーリーに当て…

状況は変わりまして気持ち的には落ち着いております。まだ生きてるんだなあという感想は相変わらずですが。(あと私の文のテンションが重いのはデフォルトなんであまりお気になさらず…)(心配されたので。いや心配はされたいんだけど、マジでやばい時は、休…

また週末がきた

先週土曜から一週間が経ち、あんなに苦しかったのにまだ続きがあるんだと。後がないという気持ちに近いものを持って一日一日をやっていた。金曜の後輩との飲み会で、二次会まで全員来てくれたのは嬉しかった。今日の昼には「まだ生きている」と思えてかなり…

生きるのが怠くなる週末

爪が伸びている。前髪も伸びている。一週間(以上かもしれない)何かしらの洗い物が置かれたままだ。2日前の洗濯物が洗濯機のなかに入ったままだ。食欲は無いわけではないけれど、何を食べたいのかもわからない。つい甘いものでごまかしてしまう。最近野菜が…

トウテムポール先生の作品が大好きだ。「東京心中」シリーズと『或るアホウの一生』が好きだ。手に入るだけ同人誌も買った。 とても人生哲学的だと思うのですが一切説教くさくないところが独特で、とても不思議。私だったらもっと押しつけがましく主張してし…

柳沼くんと六見先輩の二人で恋バナしてほしい

柳沼くんとは『大上さん、だだ漏れです。』の柳沼慎一郎、六見先輩とは『私がモテてどうすんだ』の六見遊馬のことを指す。共に私の推しである。思うに、キャラクターはあくまで架空の存在であるけれども、同時に、人間っぽい生身さを見出せるところにグッと…

読むことの意識が変わった話

ここ数年で、ものを読む姿勢が変わったというか、いろいろ感ずることが多くなった。なぜかというと、おそらく、私自身が色々経験するようになったからだと思う。仕事も仕事以外のことも、厳しいことも含めて。たとえば数年前の10月に、天神のパルコで漫画を…

2017年媒体まとめ(漫画とか)

新年明けました。2018年もよろしくお願いいたします。画像は、昨年読んだ漫画リストです。(画像右上クリックでポップアウトします…)*1 2017年に発行された漫画ではなく、あくまで「私が2017年に読んだ漫画」です。 2017年はだいたい100冊弱、45作家読みま…

読むことと書くこと

読むことと書くことが私の一生の仕事なのだろうと思う。昨日そう思った。読み書きというのは、活字を読み、書くということに限らない。漫画を読み、映画を観て、音楽を聴くことも、人と会って話しあうことも、イベントを主催することも、組織を運営すること…

はい、今日も不安定ー! どうも、イベントがある休みの日はきつさがありますね。 参加側ならよいのですが、主催側だと。 現地に行くだけで、頑張った感じ。 でもそんなこと誰にも言えないし。 「本当はもっと頑張らなきゃ」って思っちゃう感じ。 あと、イベン…

イベントも近づいてきて、仕事をしたりぐったりしていると土日が終わりますね。土曜の夜は泣いてました、デトックス。 日曜は藤井四段が森内九段に勝ちました。 私が彼の天才ぶりを感じる点のひとつは、「将棋が好きで指していて、将棋のプロになった」という…

寝たくない…。色々やってみたけど全然寝たくない。 二村ヒトシによると私は、愛しているのではなく恋しているらしい。相手のありのままを受け入れるのが愛すること、自分のして欲しいことを求めるのが恋すること。なるほど、私はめちゃめちゃに恋している。 …

映画『桐島、部活やめるってよ』

『桐島』はおそらく私の人生で最もフェイバリットなムービーです。DVDはもちろん持っていて、劇場含めて5回くらいは観ている(って言うと少ないじゃん!と言われそうだが、そもそも2時間くらい拘束される映画というコンテンツをあまり摂取しない私にとって、…

5年ぶりくらいに漫画喫茶行った話とか書こうと思っていたけど土日終わっちゃいました。 映画『桐島、部活やめるってよ』を久しぶりに観て1週間ぶりくらいに泣いた。 宇多丸さんのレビューを訊いてから観返したのだけど、フィクションがなければこの世界を生…

今週は、週頭からもやもやーっとすることが発生&セミナー準備でタスクビジーでした。 それでも、自分が出来ることをやる、あとは天に任せる、シャワーとご飯と睡眠は機械的でもこなす、で乗り切る。 金曜日には一段落したおかげで、ご褒美みたいに束の間ほ…

先週末土日は泣かなかったなー。 山を越えたのか、何なのか。 『人はなぜ物語を求めるのか』で できごとに因果関係を求めがちな人間の心理 でも因果関係が妥当かどうかは別、ということを学んだ私。 「人生は無」の境地に少しだけ近づきつつある。 最近(特に…

私が決められる唯一のこと

『人はなぜ物語を求めるのか』で、「世界でひとつだけ選択可能なものは、できごとに対する自分の態度である」という話がある。 「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる」なんてよく聞くけれど、自分の行動だって思うがままにできるわけじゃな…

最近の記事の黒歴史感がすごい

ガラケーでちまちま打ってた携帯日記みたいな風情になってるぞ…

幾度目かの人生

夏季休業最終日の夜、明日からの仕事におびえながら書いています。お盆の間はほぼ人に会わず過ごしましたが、相変わらず考えがまとまらない日々です。自分の言葉を残しておくためこの記事を書くこととと、電気を消してとりあえず横になること、どちらが良い…

今日は8時頃に起きられて、休日だけど職場にも行けて、調子いいなあと思っていたんだけど、(少し負荷のかかることがあって、)また昼間から泣けてしまった。 昨日は約束があったので11時頃にむりやり起きたのだけど、出発するまでに無性に泣けてきてしまっ…

喪失したもの

今日も朝からよく泣いた。 相談相手とか、慕っている人をなくしたと思っていたけど、 なくしたのは目標だな。

喪失のあと旅をして探し物を見つけないで帰ってくること

『ハチミツとクローバー』竹本くんの「自分探しの旅」と、『ヒカルの碁』ヒカルの「佐為探しの旅」は比較して語れるかもしれない。 旅をしたから、竹本くんは穏やかな顔で告白ができた。ヒカルは自分の碁のなかに佐為を見つけた。

フェアネスと真剣勝負の世界

『ヒカルの碁』ヒカル-伊角戦と『或るアホウの一生』の高以良-牧野戦について。 囲碁と将棋の世界は、プロになるために厳しい戦いを勝ち抜かなければいけないこと、そして年齢制限があることが共通している。 プロを目指す彼らは若くして人生を賭けた勝負を…

あ。ああー。 残念だけどここまでだな。 まあ、まだ先は長いから。 何者かになろうとしないで、ただ生きよう。 他人の人生に興味がないのに自分の人生にだけ期待してもね。

こんばんは。また日曜の夜ですね。 メンタルの荒れは1日で概ね持ち直しました。 いろいろとやりたいのも確かなんだけれども、 適度に、なんにもしたくないという気持ちも放出していないとなあと。 自分がきつくなるからね。