はい、今日も不安定ー! どうも、イベントがある休みの日はきつさがありますね。 参加側ならよいのですが、主催側だと。 現地に行くだけで、頑張った感じ。 でもそんなこと誰にも言えないし。 「本当はもっと頑張らなきゃ」って思っちゃう感じ。 あと、イベン…

イベントも近づいてきて、仕事をしたりぐったりしていると土日が終わりますね。土曜の夜は泣いてました、デトックス。 日曜は藤井四段が森内九段に勝ちました。 私が彼の天才ぶりを感じる点のひとつは、「将棋が好きで指していて、将棋のプロになった」という…

寝たくない…。色々やってみたけど全然寝たくない。 二村ヒトシによると私は、愛しているのではなく恋しているらしい。相手のありのままを受け入れるのが愛すること、自分のして欲しいことを求めるのが恋すること。なるほど、私はめちゃめちゃに恋している。 …

映画『桐島、部活やめるってよ』

『桐島』はおそらく私の人生で最もフェイバリットなムービーです。DVDはもちろん持っていて、劇場含めて5回くらいは観ている(って言うと少ないじゃん!と言われそうだが、そもそも2時間くらい拘束される映画というコンテンツをあまり摂取しない私にとって、…

5年ぶりくらいに漫画喫茶行った話とか書こうと思っていたけど土日終わっちゃいました。 映画『桐島、部活やめるってよ』を久しぶりに観て1週間ぶりくらいに泣いた。 宇多丸さんのレビューを訊いてから観返したのだけど、フィクションがなければこの世界を生…

今週は、週頭からもやもやーっとすることが発生&セミナー準備でタスクビジーでした。 それでも、自分が出来ることをやる、あとは天に任せる、シャワーとご飯と睡眠は機械的でもこなす、で乗り切る。 金曜日には一段落したおかげで、ご褒美みたいに束の間ほ…

先週末土日は泣かなかったなー。 山を越えたのか、何なのか。 『人はなぜ物語を求めるのか』で できごとに因果関係を求めがちな人間の心理 でも因果関係が妥当かどうかは別、ということを学んだ私。 「人生は無」の境地に少しだけ近づきつつある。 最近(特に…

私が決められる唯一のこと

『人はなぜ物語を求めるのか』で、「世界でひとつだけ選択可能なものは、できごとに対する自分の態度である」という話がある。 「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる」なんてよく聞くけれど、自分の行動だって思うがままにできるわけじゃな…

最近の記事の黒歴史感がすごい

ガラケーでちまちま打ってた携帯日記みたいな風情になってるぞ…

幾度目かの人生

夏季休業最終日の夜、明日からの仕事におびえながら書いています。お盆の間はほぼ人に会わず過ごしましたが、相変わらず考えがまとまらない日々です。自分の言葉を残しておくためこの記事を書くこととと、電気を消してとりあえず横になること、どちらが良い…

今日は8時頃に起きられて、休日だけど職場にも行けて、調子いいなあと思っていたんだけど、(少し負荷のかかることがあって、)また昼間から泣けてしまった。 昨日は約束があったので11時頃にむりやり起きたのだけど、出発するまでに無性に泣けてきてしまっ…

喪失したもの

今日も朝からよく泣いた。 相談相手とか、慕っている人をなくしたと思っていたけど、 なくしたのは目標だな。

喪失のあと旅をして探し物を見つけないで帰ってくること

『ハチミツとクローバー』竹本くんの「自分探しの旅」と、『ヒカルの碁』ヒカルの「佐為探しの旅」は比較して語れるかもしれない。 旅をしたから、竹本くんは穏やかな顔で告白ができた。ヒカルは自分の碁のなかに佐為を見つけた。

フェアネスと真剣勝負の世界

『ヒカルの碁』ヒカル-伊角戦と『或るアホウの一生』の高以良-牧野戦について。 囲碁と将棋の世界は、プロになるために厳しい戦いを勝ち抜かなければいけないこと、そして年齢制限があることが共通している。 プロを目指す彼らは若くして人生を賭けた勝負を…

あ。ああー。 残念だけどここまでだな。 まあ、まだ先は長いから。 何者かになろうとしないで、ただ生きよう。 他人の人生に興味がないのに自分の人生にだけ期待してもね。

こんばんは。また日曜の夜ですね。 メンタルの荒れは1日で概ね持ち直しました。 いろいろとやりたいのも確かなんだけれども、 適度に、なんにもしたくないという気持ちも放出していないとなあと。 自分がきつくなるからね。

昼間からぼろぼろ泣いてしまって、多分あれはホルモンバランスの乱れです。 でも敢えて言うと頑張る指標がないのに頑張ろうとしていて疲れてたんだろうね。 なんで一人なのに頑張るんだろ????? 二日ぶりに布団にくるまれて最高です。 でも嫌だ。はやく…

はまったものメモ

Twitterのプロフィール欄にはまったものの羅列をしていたのだけど、文字数も足りなくなってきたのでこちらにメモ。はまったかどうかの基準は「これは、自分こそが語ることの出来るものだ、と思わせられたかどうか」。2015年頃から触発されやすくなったと思う…

気が狂いそうでも普通さ

どうも最近調子が、良くない。いままで自分が前提としていたことを捨てて、考えなければならないようだと感じている。理由はいろいろあるが、ここでは3点記しておく。ひとつには、私にとって重要な相談相手の人々に、これからは今までのように接することがで…

成長

成長するって何なんでしょうか。 出来ることが多くなることでしょうか。 でも、「成長」して、出来ることが多くなって、周りから認められて、偉くなって、影響力が大きくなるとする。そしたら、人を傷つけることも出来る。正しいかどうか分からないことを、こ…

矢倉囲い

今年のゴールデンウィーク、最終日です。 本を読んだり映像みたりご飯食べたりしながら将来のことも考えていました。 A or Bだとして、その間をいったりきたりしながら、何かを決めていくんだろうと思います。 将棋のルールを覚えました。将棋で勝つのは基本…

水俣病記念講演会

4月29日に光円寺本堂で行われた「第16回水俣病記念講演会」に行ってきた。 なぜわざわざ足を運んだのかというのは色々偶然もあるのだけれど、まず数年前に博多駅で水俣病の展示をみたということがある。もともと水俣病に対するイメージは、教科書的な、公害…

トウテムポール『東京心中』シリーズ ※はるのしんぞうネタバレあり

東京心中 コミック 1-6巻セット (EDGE COMIX) 作者: トウテムポール 出版社/メーカー: 茜新社 発売日: 2015/10/07 メディア: コミック この商品を含むブログを見る 「明け方の告白」はどんな奇跡を起こしたか はるのしんぞう-東京心中・6- (EDGE COMIX)収録…

買った本(2017年3月)

レッド 最後の60日 そしてあさま山荘へ(4) (イブニングコミックス) 波よ聞いてくれ(3) (アフタヌーンKC) マスタード・チョコレート 僕たちがやりました(8) (ヤングマガジンコミックス) 知らない顔 (バーズコミックス ルチルコレクション) 心を殺す方…

筒井康隆『残像に口紅を』

あ、現実無理、という出来事があったので、ブログを書くことにします。ストレス発散です。 筒井康隆『残像に口紅を』読みました。 使える五十音がひとつずつ減っていく実験小説。 実験小説ってなんだかなあ、言語的な遊びだけでしょ?って思ってました。 冒…

買った本(2017年2月)

概念と歴史がわかる 西洋哲学小事典 (ちくま学芸文庫) デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 5 (ビッグコミックススペシャル) グッドモーニング (新潮文庫nex)

買った本(2017年1月)

谷川 雁: 永久工作者の言霊 (平凡社新書) サークル村の磁場―上野英信・谷川雁・森崎和江 国生み 人間仮免中つづき (ビッグ コミックス〔スペシャル〕) 推しが武道館いってくれたら死ぬ 1 (リュウコミックス) 推しが武道館いってくれたら死ぬ 2 (リュウコミッ…

買った本(2016年12月)

僕たちがやりました(7) (ヤングマガジンコミックス) 公募ガイド 2016年 12月号 [雑誌] バーナード嬢曰く。: 3 (REXコミックス) A子さんの恋人 3巻 (ビームコミックス)

買った本(2016年11月)

〆切本 羅生門・鼻・芋粥 (角川文庫) 津山三十人殺し―日本犯罪史上空前の惨劇 (新潮文庫) ちぐはぐな身体―ファッションって何? (ちくま文庫) 大人問題 (講談社文庫) MAKERS―21世紀の産業革命が始まる 以上5冊 のきさき古本市にて クイック・ジャパン128 片隅…

買った本(2016年10月)

クイック・ジャパン127 18歳からの民主主義 (岩波新書) 私がモテてどうすんだ(10) (別冊フレンドコミックス)←電子で10巻セット購入今月ぜんっぜん買ってない!!!!!11月は原稿執筆とあわせてがんばりたい。