はまったものメモ

Twitterのプロフィール欄にはまったものの羅列をしていたのだけど、文字数も足りなくなってきたのでこちらにメモ。
はまったかどうかの基準は「これは、自分こそが語ることの出来るものだ、と思わせられたかどうか」。

2015年頃から触発されやすくなったと思う。新しいものを受け容れることへの抵抗はすくなくなった。情熱を注ぐ対象が増えるのは良いことだ。
特定のキャラクターに熱をあげることは多々ある。ただ、あまり長期(一年以上とか)にわたって一つのタイトルを追うことはない。基本気質がオタクでミーハーなんだと思う。
一旦落ち着くと、しばらく触んなかったりもするけど、それはそれで良いと思ってる。好きな時に好きなものを摂取してます。
ただ、もっと自分の言葉で語れるようにはなりたい。


HUNTER×HUNTER(2015年7月~)
娯楽かつ倫理観を揺さぶるような作品を描く冨樫義博という神に今更出会いました。レベルEも大変素晴らしかったです。キルアとゴンの関係性の描写にも揺さぶられます。

おそ松さん(2015年11月~)
キャラクターメイキングがやばい。あと、脚本の松原秀さんというクリエイターに出会えた。「お笑い」というジャンルの可能性を知った。パッケージやグッズ、雑誌等にもお金を注いだ。

轟焦凍(2016年7月~)
単体キャラクター推しです。バトルもの少年漫画らしくゴリゴリの設定で、「出生にトラウマ抱えたキャラなんかに今更ハマるかよ!」くらいの気持ちだったのですが、彼のしなやかさと繊細さと素直さに負けました。。

モブ霊(2016年8月~)
CP推しです。これに関しては2次を愛でる割合が高かったです。私の理想。

トウテムポール先生作品(2017年4月~)
作家推しです。東京心中を読むことで、或るアホウの一生の読み方までわかった気がしました。

将棋(2017年 指す将5月~ 観る将6月~)
或るアホウ~の流れを汲んでいますが、四段フィーバーに完全に乗りました。
GWに将棋のルールを覚えた後で、棋士にも流れました。
勝敗のあるものに久しぶりにはまった。三次元にも久しぶりにはまった。


次点のプチフィーバー:私がモテてどうすんだ(2016年10月~)、ユーリ!!!onICE(2016年10月~)、文豪とアルケミスト(2016年11月~) 


あと何か忘れてないかな? あったら追記する。
好きなものがたくさんある世界は美しいな。