フェアネスと真剣勝負の世界

ヒカルの碁』ヒカル-伊角戦と『或るアホウの一生』の高以良-牧野戦について。

 

囲碁と将棋の世界は、プロになるために厳しい戦いを勝ち抜かなければいけないこと、そして年齢制限があることが共通している。

 

プロを目指す彼らは若くして人生を賭けた勝負をすることになる。

 

そんな時に、もし相手がミスをしたら? 自分がルール違反をしたら? 

この一勝が自分の過去の努力、未来の栄光を塵にするか現実にするかを分けるとしたら?

 

そういう意味で、この二つの対局は類似していると思う。

 

結果フェアネスを通した伊角と、自分の心の弱さを悔やんだヒカル。

将棋を辞める選択をした牧野と、牧野に憤った瞬。

 

一般人の私からしたら、自分の経験しないプロを目指す道、ifの世界でしのぎをけずる人間らしい彼ら皆の魅力を感じる2局だ。