真鍋昌平『闇金ウシジマくん』3巻172頁について

真鍋昌平闇金ウシジマくん』3巻172頁(「ゲイくん」編)が好きだ。起承転結でいう「転」や「結」のような見せ場ではなく、「承」なのだけれど、私はこの頁に惹きつけられた。

夏のさわやかさ、生活感、フリーターたちの自由な時間感覚といった「快」「陽」「穏やか」な場面づくりがここにある。同時に寂しさもある。後者のスパイスが効いている。そこに魅力を感じた。どういうことか。


「ゲイくん」編は基本的に写真家志望のゲイ「ゆーちゃん」の視点を借りてストーリーがすすんでいく。172頁においてもそうだ。ただし、少しずれている。
1コマめでは、ゆーちゃんの居るベランダから地上を見下ろすアングルだが、ゆーちゃんの後頭部が描かれているので、ゆーちゃん自身の視点ではない。
2コマめでは少し様子が変わる。ここではゆーちゃんの背中、洗濯物のTシャツ、青空と太陽の光が描かれる。これはいわば「ゆーちゃん側」の世界・生活圏が描かれたコマではあるが、ゆーちゃん自身は洗濯物も空も見ていない。もちろん自分の背中も見えていない。低いアングルから煽るように見せるコマであり、これは誰の目線でもない。神の視点である。1コマめではまだゆーちゃんの視点だという判定に入りそうだが、2コマめでは1コマめと地続きの場面でありながら神の視点に変化しているのだ。その切り替えが良い意味での違和感を生んでいる。
172頁2コマめは、173頁のような、4人の行動を引きの画面で示すコマとも違う役目がある。173頁はあくまで4人を平等に見る俯瞰の視点だが、172頁2コマめは明らかに「ゆーちゃん寄りの神の視点」なのだ。

「あけっぴろげなようでいて誰もみていない景色」を見せたこのコマは、何気ない会話とは裏腹な気持ち・不安等をゆーちゃんが抱えているということを暗示していると私は考える。単純に「夏のイイ天気を描写するコマ」では無いのである。ここにはしっかりとゲイくんたちの生活感と、ゆーちゃんの複雑な人生が載っているのである。