ゴールデンボンバー『やさしくしてね』会社員応援ソングのいま

音楽はたいして聞いてもないうえに音痴で音感もない、さらに金爆について超ニワカなのでどうこう言うのはおこがましいなあと思うのですが。
以下長文。おそらく色々探せば参考文献はあると思うのですが、正確性はどちらかというと置いておいて、私の感想をとにかく述べたいという趣旨ですので、ご容赦ください。

昨日からゴールデンボンバー『やさしくしてね』を無性にハードリピートしてしまっています。
明るく叫べる曲調ながら歌詞には悲哀の色が濃く、しかし後ろ向きか前向きかでいうと前向きな姿勢が込められた、今の若者に寄り添う優しい歌だなと思います。

www.youtube.com

音楽に疎い私でもわかるくらいはっきりウルフルズオマージュです(よね?)。
明るい曲調と、ストレートなフレーズの連呼(「やさしくしてね」)。

ここ数日、ゴールデンボンバーのMVをYoutubeで10数曲観た私がみたところ、彼らの曲には基本的にオチがあります。MVがドラマ調で、歌詞にうたわれていることが具象化されています。甲斐性のない男が女に振られるとか、新時代に向かってメンバーが飛んでいくとか。
この『やさしくしてね』はサラリーマンの応援歌であり、MVでは次のようなストーリーがあります。

ボーカルのキリショー扮する主人公の男は、営業として日々労働しています。上司に怒られ、ふらふらになってミスをし、同僚から冷たい目で見られています。
しかし彼は、一生懸命働いている様子です。早朝から深夜まで、一人オフィスに残って業務をこなしています。25時も大幅に過ぎ、退社した彼は一人居酒屋で飲んだくれます。上司や同僚のことがフラッシュバックし、「やさしくしてね すぐ死んじゃうから」と叫びながら(サビ)、辞表を書きます。
店を出てアーケード街でふらつくキリショー。座り込みゴミ袋の山に埋もれるようにして「誰か僕を愛してくれよ」と熱唱します。
気が付くと朝。いつもならばとっくに出社している時間です。あわてて駆け出す彼。「やめてやる…」とつぶやきながら職場のドアを開ける。上司の机の前に立つ。上司が見つめる前でカバンやらスーツのポケットやら、書いたはずの辞表を探す。
あれ?無い。昨夜のゴミ捨て場に置いてきてしまっていたのです。
とりあえず出てきたんなら仕事しなさいとばかりに上司からファイルを渡され、いつも通りの作業にかかったキリショーは、やれやれとばかりですが、その顔はどこかすっきりしている。
ラストシーン。仕事がひと段落したのか、公園のベンチで一息つくキリショー。立ち上がりながら缶をゴミ箱にナイスシュート。それを確認して一人ちいさくガッツポーズ、また歩いていきます。おわり。

さてここで歌詞をみてください。→J-Lyric.netやさしくしてね 歌詞
曲調もMVも明るい。サビで出てくるキリショー以外のメンバー3人は笑顔で歌っているし、職場で書類をぶちまけたり居酒屋やゴミ捨て場で熱唱するのは、やけっぱちながら爽快感があります。
しかし、この歌詞だけ見ると、哀しい。ゆとり世代の若者(が主人公として想定されているのでしょう)は、やさしくされないとすぐ辞めるし、病むし、死んでしまうのです。代表曲『女々しくて』etcとも通ずるような、自虐スタイルでしょうか?

私は、『やさしくしてね』はただの自虐ではなく、リアルな若者の辛い現実を見つめながら、でも生きろよというメッセージが伝わる名曲だと思います。

なぜ『やさしくしてね』がリアルな若者の歌なのか?
ウルフルズが2000年(Wiki参照)にうたったサラリーマン応援歌である『明日があるさ』と比較してみましょう。
こちらが歌詞です。『やさしくしてね』と一緒に参照ください。→J-Lyric.net明日があるさ 歌詞
この2曲にはたくさんの違いがあり、時の流れを感じます。あまりに明確に違うので、鬼龍院さんは『明日があるさ』を意識しながら『やさしくしてね』を作ったのではないかと思ってしまうのですが、どうでしょうか(想像です)。

ではいきます。
まず年代。
明日があるさ』は先述のように2000年、『やさしくしてね』が2017年末に公開(Youtubeの公開日)と、17年もの隔たりがあります。

歌詞の方向性。
明日があるさ』は「若い僕には夢がある いつかきっと いつかきっと わかってくれるだろう」「明日がある 明日がある 明日があるさ」と朗らかに歌い上げます。対して『やさしくしてね』は「やさしくしてね」と繰り返し訴えどこか情けなさもぬぐえず、「誰か僕を愛してくれよ」と訴えます。楽観と悲観。

サラリーマンであるところの主人公は、どのようなポジションでしょうか。
明日があるさ』は中間管理職のようです。フランス人の上司がおり、敬語ができない部下がいて、「近頃の若いやつはとよく言うけれど 自分の頃よりだいぶまし」と過去を振り返ります。
『やさしくしてね』では、おそらく若手社員です。MVのようすは下っ端ぽい。「怒られ叱られ過ぎてる」し、「また年下に追い抜かれたようだのぅ」と嘆きます。後輩はいてもどうも立場は弱いようです。『明日があるさ』と比べ、職場に居場所があるかどうかもわからない危うさを感じます。
いま、“窮状にあるサラリーマン”の象徴としての、過酷な労働環境におかれた若手社員なのでしょう。

では、仕事への姿勢は?
明日があるさ』では「あせることないさ」「多めにみよう」「勉強しなおそう」「どうしてオレはがんばっているんだろう」と、現職で出来ることを見出せている、見出そうとしているようです。
『やさしくしてね』では「この世にも 会社にも これっぽちも 未練無いから」「もう頑張るの諦める」です。

先に退職した仲間は?
明日があるさ』は「会社をおこした奴がいる」のを見て焦らずいこうと言い聞かせます。『やさしくしてね』は「傷舐め仲間、ついに辞めて消ゆ」です。「消ゆ」とは、儚い表現です。おそらく消息も知れないのでしょう。会社経営も楽でないと思いますが、一旗あげた元同僚をどこか羨む『明日があるさ』とはかなり違います。

家族との関係は?
明日があるさ』では「どうしてオレはがんばっているんだろう 家族のため?自分のため?」と自問しています。「答えは風の中」ですが、最初に浮かんでくる選択肢が「家族のため」。結婚しているのでしょうか。子供もいるのでしょうか。
『やさしくしてね』は「友よ 家族よ 同僚よ 誰か味方になってくれよ」、さらに「人でもAIでも何でもいいよ 誰か味方になってくれよ」と追い打ち。家族どころか友達も、人間たるものとの関係がネガティブなもののようです。ちなみにこの「家族」は(ただの印象ですが)配偶者でなく、親兄弟かもしれません。

また『明日があるさ』は「明日があるさ」という主題を繰り返しますが、『やさしくしてね』は「明日の朝もう起きるのが怖い」のです。「明日」についてのイメージがまったく違う。

ぜんたい的に、「昔のおじさんは先のことがわからないなりにまだエネルギーがあるのに対し、今の若者は孤独で、下手したら命すら落としてしまう」という対比になっているのではないか、と私は思います。
(『やさしくしてね』をあげる流れで『明日があるさ』をdisるつもりはありません。今回『明日があるさ』も改めて聴いてみて、今でも素直に心に届くとても良い歌だと思いました)

明日があるさ』との比較を通して、『やさしくしてね』の歌詞は働く若者の悲壮な今を描いていることがわかりました。

じゃあ、なんでそれが応援歌になるのさ?ってことですね。この捻りというのが、「ゴールデンボンバーらしさ」「鬼龍院翔らしさ」なのかなと、私は感じています。

『女々しくて』etcの「女に振られる男」系の曲が総じてそうなのかなーと思うのですが、ゴールデンボンバーの曲の主人公は、弱さをさらけ出し、情けない姿を見せて笑いに変えています。
それのサラリーマン版が、『やさしくしてね』なのですね。

「やさしくしてね すぐ辞めちゃうから」なんて、なかなか歌にできないと、私は思います。私もゆとりゆとりと言われる世代ですが、初めて聴いたとき、ちょっとギョッとするというか、そんなことを叫ぶなんてただの居直りで、擁護できない、ひょっとしたら迷惑な奴なのに……何がしたいんだこの歌は? と思ったんです。

じっさい、この歌のなかで主人公を“擁護”できる要素ってあまりないと思うんですよね。「やさしくしてね」「愛してくれよ」っていう要求と、「もう頑張るの諦める」「もう向き合うのをやめる」っていういわば逃避と、「愛も友情も成功も これっぽっちも希(のぞ)めないから」っていう失望。
MVではとにかく一生懸命働いてるっていうのがわかるので、そこは加点と思いますが。どうにも不器用さがにじみ出てる。

でもその“擁護”しないってことに、不思議と救われるんですよね。
「逃避も、弱さも、滑稽だけど悪いことじゃない」と暗に言ってくれてると思う。

それだけじゃない。「逃げないことも悪いことじゃない」と言ってくれてると思う。MVの主人公は働き続けることを選ぶから。「辞めるのも辞めないのも自分次第」ってことなんだろう。
この「自分次第」もポイントで、「自分」に強さを求めないのが、良い。
MVの彼は、うっかり辞表を置いてきてしまったんですね。まあいっか、と思って働きだしたんです。なぜまあいっか、なのかははっきりは分からない(恐らく、遅い出社に上司が怒らずに、彼が今日も働くということを促したからなじゃないかと思うのですが)。そういう、叫び出しそうな辛さを同居させながら、なだめながらやっていくって、結構リアルだと思います。

まとめると、「よく揶揄されるみたいに若者はすぐ辞めちゃうけれど、それは見方によっては滑稽だけれど、弱いことは悪いことじゃない。逃げるも逃げないも自分次第。辛いときは叫んでもいい。がんばれ」ってことじゃないかと思うのです。そして、そういう励まし方をしてくれるゴールデンボンバーは信頼できると感じるのです。ありがとうゴールデンボンバー


(最後に。長時間労働、ダメゼッタイ!)